インパーチェンス/Impatiens walleriana

原産地は東アフリカです。
寒さには弱く、発芽・生育適温が比較的高いため、暖地では4月、寒地では5月以降よりタネをまきます。
寒くなると自然に枯れてきます。
生育適温を保てれば、冬越しして、翌年も花が見られます。